妊活といえば…子宮!卵巣!のケアだと思うかもしれませんが…
当店では、内臓にアプローチします♪

東京に勉強に行ってた時に、以下のような説明を受けました。

 

「糖分を取りすぎるとなぜ?生殖機能に影響をするのか?」

血糖値が不安定になり、それを安定させるために肝臓が壊れる。
肝臓の疲労が腹腔内全体のスペースを乱し、
回盲部の機能的低下を引き起こし、免疫や排泄機能を下げてしまったり、
子宮の歪みを作る。

また血糖値の不安定さは、膵臓の細胞を壊したり、
気持ちの不安定さを引き起こしそれがさらに膵臓を壊す。

膵臓が疲労すると、
腎臓の下垂や大腰筋の機能低下を起こし、
腸骨のアライメントが崩れ子宮後屈を引き起こします。

日本妊活協会代表の中野先生より

 

 

この話を最初に聞いた時…
カラダの中が、まるで地図のように浮かびあがってきました。

2016-9-17

つまり、子宮の働きをよくする為には、
肝臓も膵臓も腎臓も全部関係があるって事です。

各臓器の役割、そして正常な場所で、正常な機能が出来るように、
整えて行く為に、状態をチェックして順番に内臓にアプローチします

そして、子宮の排泄機能が高まったり、炎症が治まったり、
本来の子宮の働くがスムーズになります。


カラダは繋がっている!まさにその通りで、
一部分だけではなく、関連のある箇所をしっかりケアしていきます。

これは、妊活ケアに限らず、
なかなか疲れが取れない方も、内臓疲労が原因かもしれないので…
気になる方は、内臓アプローチ【健康サポート】コースをオススメします。

セラピスト(*^^)u

…。oо○**○оo。…。oо○**○оo。…。oо○**○оo。…。oо○**○оo。…
 リラクゼーションサロン シュシュ
   ~名古屋にある、小さな小さな、癒やしの場所~
 ■住 所    愛知県名古屋市中村区則武2丁目14-10
 ■電 話    052-451-0232
 ■営業時間  12:00~22:00(最終受付時間21:00)
 ■定休日   不定休 
…。oо○**○оo。…。oо○**○оo。…。oо○**○оo。…。oо○**○оo。…