昨日も今日も…生理痛があって、いつも薬を飲んでる!って方が…来店されました。
痛みは小さい頃からあるし、薬もあるし…ある意味当たり前になってます。


もし、薬がない状態だったら…どうしてた??

寝込んで居たかな?
我慢してたかな?
仕事休んでたかな?って、

不調になってから、薬でなんとかする前に、
不調になりにくいカラダ作りをしませんか??


生理痛の原因には…いろいろありますが…
体質改善する為には、食生活のアドバイスをします。

その中でも、今回はオイルの話!

ちょっと前から話題になってます、オイル!!
家で使っているオイルは何オイルですか??

oir-3

いろいろありますよね…
その中でも今回は、不飽和脂肪酸について…

不飽和脂肪酸は以下に分類されます。
トランス脂肪酸・オメガ9・オメガ6・オメガ3


×全力で摂取を控えてほしいのが
トランス脂肪酸!
「食べるプラスチック」「狂った油」などと言われるマガーリン!!

善玉(HDL)コレステロールを減らし、悪玉(LDL)コレステロールを増やすと言われており、「動脈硬化や心臓疾患のリスク増加、肥満、認知機能の低下、アレルギー疾患増加、骨の発達不全、胎児の体重減少、流産、死産を生じさせる可能性もある。」と、リスクがいろいろ問題となっています。


○酸化しにくく、加熱料理に向くといわれている→オメガ9

オレイン酸は善玉コレステロールを下げずに悪玉コレステロールだけを下げる働きがあると言われてます。


△既に日本人は摂り過ぎの傾向にある→オメガ6

リノール酸は摂取しすぎると、アレルギー促進や炎症促進、血栓促進作用があると言われてます。


現代人がもっとも不足している栄養素→オメガ3
炎症を防ぐ働きがあり、ホルモンを整えるのに役立ち、オメガ6とまったくその逆の働きをします。

 

oir-1

 

【オメガ9】酸化しにくく、加熱料理に向き
・オリーブオイル
・なたね油(キャノーラ油)

【オメガ6】外食やコンビニの食事に使われている油はほとんどこのタイプ
・サラダ油
・べにばな油
・コーン油
・ひまわり油


【オメガ3】酸化しやすいく、熱弱い
・青魚の油
・えごま油
・あまに油


※諸説ありますが、米油、ごま油は、オメガ9とオメガ6が半々ぐらい。


「オメガ3:オメガ6」の摂取比率は「1:4」が良いといわれています。


何事もバランスですね。
偏らないように、キッチンのオイルチェックしてみて下さい(^^)/

 

既に生理痛のように、痛みや炎症のある方やアレルギーのある方は、
内臓疲労をケアする事によって、体調が改善します。

気になる方は、【健康サポート】コースをご利用下さい。

また、妊活を意識してる方も、オイルから変えてみてはいかがですか??

 

 

セラピスト(*^^)u

…。oо○**○оo。…。oо○**○оo。…。oо○**○оo。…。oо○**○оo。…
 リラクゼーションサロン シュシュ
   ~名古屋にある、小さな小さな、癒やしの場所~
 ■住 所    愛知県名古屋市中村区則武2丁目14-10
 ■電 話    052-451-0232
 ■営業時間  12:00~22:00(最終受付時間21:00)
 ■定休日   不定休 
…。oо○**○оo。…。oо○**○оo。…。oо○**○оo。…。oо○**○оo。…