『小寒』 2018年1月5日~1月19日

寒気が最も厳しくなる前の「寒の入り」

小寒から節分までの間を、「寒の内」(寒中)といい、厳しい寒さが続く時季。

1月5日は、「寒の入り」とも呼ばれ、「寒中水泳」や「寒稽古」なども行われます。
地元、熱田神宮では、「初えびす」があり、
商売繁盛の福運を願う参拝者で大賑わいとなります。

正月飾りを立てておく期間「松の内」は地域によって異なるそうで、
関東は、1月7日迄が多く、関西では、1月15日迄が多いようです。
ちなみに、名古屋は?? 関東、関西の中間にあるためか、
文化が入り混じって松の内の設定が各家庭でばらばらとなっています。
7日が多いような気もしますが…
周りに合わせて片づけられる家庭が多いのが名古屋なのです。

1月7日に、七草粥を食べる方も多いかと思います。

この時期の旬の食材は…かぶ、水菜、小松菜、せり、たら、あんこう、甘えび

松の内が過ぎたら、年神様にお供えしていた鏡餅を下げて食べる「鏡開き」を行います。
鏡餅には、年神様が宿ると考えられる為、刃物使わずに木づちで割ります。

なんだか、イベント盛り沢山の1月ですが…
なかなかリズムが戻せずに、体調を崩される方も多くみえます。
寒さが厳しくなると、抵抗力も弱くなってしまうので、
1日の終わりにお風呂でしっかり温まり、カラダをリセットしましょう♪

 

 

セラピスト(*^^)u

…。oо○**○оo。…。oо○**○оo。…。oо○**○оo。…。oо○**○оo。…
 リラクゼーションサロン シュシュ
   ~名古屋にある、小さな小さな、癒やしの場所~
 ■住 所    愛知県名古屋市中村区則武2丁目14-10
 ■電 話    052-451-0232
 ■営業時間  12:00~22:00(最終受付時間21:00)
 ■定休日   不定休 
…。oо○**○оo。…。oо○**○оo。…。oо○**○оo。…。oо○**○оo。…